有名音大偏差値一覧ランキング5位のフェリス女学院

フェリス女学院の偏差値

フェリス女学院の偏差値

フェリス女学院大学は神奈川県横浜市にある市立女子大学で、通称「フェリス」と言われており、一般にお嬢様大学というイメージがあります。

フェリス女学院大学は女子学生のみを対象にした教育機関で英語の授業に力を入れており、現在でも文学部や国際交流学部では英語にて授業が行われています。

学部により偏差値が異なりますが、平均偏差値が53となっています。

フェリス女学院大学は音大としての側面を持ち、音楽学部を持ち、音楽芸術学科や演奏学科があります。

音楽学部の偏差値は平均的であり、音楽芸術学科が偏差値53で演奏学科が偏差値52となっています。

フェリス女学院大学は中等科、高等科があり中高一貫教育を行っており、高等科の募集は行われていません。

フェリス女学院の音大としての特徴

フェリス女学院の音大としての特徴

フェリス女学院は神奈川県横浜市にある私立大学です。ミッション系の大学であり、全学生がキリスト教が必修となっています。

また、基本的に少人数制でアットホームな雰囲気が特徴です。そんなフェリス女学院には音楽学部があり、音大としても有名です。

音大としての特徴としては、音楽を通して感性を磨くことに重きを置いています。音楽を研究することで、音楽を軸に幅広く活躍できる人材を育成しているのです。

また、音楽学部には音楽芸術学科と演奏学科があります。どちらも自由度の高いカリキュラムとなっており、自分に合った授業を受けることができるのが特徴となっています。

フェリス女学院は音大として高い人気を誇っており、レベルの高い教育を受けることができるのです。

フェリス女学院の学費

フェリス女学院の学費

横浜市にある私立大学のフェリス女学院はお嬢様学校とも呼ばれています。

通常、フェリス女学院と聞くと一般的な私立大学を想像される方が多いですが実はフェリス女学院には音楽学部と呼ばれる学部があるため、音大でもあります。

音大のレベルとしては割と上位に位置している大学で、希望者も毎年多いとされています。もちろんフェリス女学院の音楽学部は女性しか入学できず驚愕ではありません。

もし入学したいという場合ですが、音楽学部の場合は入学金が20万円とされており、学費は授業料以外にも諸々必要となりますので1年間で200万円程度必要になるとされています。

私立大学ですが他の大学に比べると学費は少し高めだということが出来ます。