有名音大偏差値一覧ランキング4位の沖縄県立芸術大

沖縄県立芸術大の偏差値

沖縄県立芸術大の偏差値

沖縄県立芸術大学は沖縄県那覇市に本部を置く公立大学で、1986年に設置されました。学部は音楽学部と美術工芸学部の2つです。

偏差値はベネッサによりますと、最小46、最大49となっており、その内訳は学部及び学科・専攻により異なります。

音楽学部は、音楽学科/琉球芸能専攻、音楽学科/音楽表現専攻、音楽学科/音楽文化専攻と3つの専攻に分かれますが、その偏差値は全て47となっています。

この学校の音楽学部は当地では音大と呼ばれることもあります。

そして、美術工芸学部は、デザイン工芸学科/デザイン専攻、美術学科/絵画専攻/芸術学専攻は偏差値46、デザイン工芸学科/工芸専攻は47、美術学科/絵画専攻/彫刻専攻は48、そして美術学科/彫刻専攻が49となっています。

沖縄県立芸術大の音大としての特徴

沖縄県立芸術大の音大としての特徴

沖縄県立芸術大学は沖縄県立那覇市にある公立大学です。

沖縄独自の歴史と風土の中で培われた「個性の美と人類普偏の美を追求する」事を建学の理念とし美術工芸学部、音楽学部、附属研究所、大学院を備える総合美術大学となっています。

温暖な気候とのんびりとした時間が流れる沖縄風土の中で学べる所が特徴となっており、中でも音大としても人気の音楽学部には地域の個性的な伝統音楽や芸能の実技を学ぶ事ができます。

琉球芸能専攻や現代の音楽教育の普遍的基礎として西洋古典の音楽を学ぶ事ができる音楽表現専攻。

そして音楽文化専攻は両者を理論面から、または創作面から総合的に支える教育を行っており、21世紀をリードする音楽・芸能を創造し、発信していく若き人材の育成を行っています。

沖縄県立芸術大の学費

沖縄県立芸術大の学費

沖縄県立芸術大の学費について、ご紹介します。沖縄県立芸術大の学費について、まず入学金ですが、県内在住者とそれ以外の方で金額が異なります。

県内在住者の方は282000円、それ以外の方は512000円です。授業料は年額535800円となります。

沖縄県立芸術大は、美術工芸学部と音楽学部、いわゆる音大の学部があります。美術工芸学部の各専攻においては、授業料以外に実習経費が別途かかることとなります。

沖縄県立芸術大の学費についての紹介は以上となりますが、沖縄県立芸術大では、日本学生支援機構奨学金をはじめとする奨学金制度も設けていますので、費用面で不安のある方は、ホームページ等をご確認下さい。